【夢日記】電車に乗って写真を撮りに行く

血だらけの芸人がいた。

よく見ると、かまいたちの小さい方。

特殊メイクかもしれないが、顔の右側が痛そうだ。

 

場面が変わって、どこかで見たことのあるような、見たことのないような家。

小さな一軒家。

オフィスにしているようだ。

賑やかな住宅街、ちょっと歩くと市街地。

 

新しいカメラを買った。

スマホだろうか

それを使って写真を撮りに行きたいと思っていた。

 

いつもの電車のイメージが浮かんでくる。

この電車は何度か乗った。

今日もこの電車に早く乗らなければならない。

 

そうだ、はやく駅に行かねばならない。

電車に乗って写真を撮りに行こう。

 

3階建ての駅の様子が浮かぶ。

上りと下りが2階で交差し、なぜか上りに乗る人は1階で待機し、下りの客は3階で待機。

 

急いで一軒家を出た。

すると、家の脇に何本か植えられた木に、ビワの実がなっていた。

なぜか皮が剥かれた状態。

気になって仕方がない。

 

おいしそうなビワの様子を見て取って食べようと思ったが、よく見るとビワの実は周りが切り取られて、芯の部分しか残ってなかった。

いくつかの芯しか残ってないビワの実は、上から空き缶を逆からかぶせられていた。

こうすることで新しい実がなりやすいみたいだ。

 

誰がこれをやったんだろう?

そうか、うちの父だ。

そう思って家の中を覗くと父がテレビを見てくつろいでいた。

 

記念にビワの実も写真にとっておこうと思った。

さて、そろそろ電車に乗らなければ。

Twitterでフォローしよう