【夢日記】刃物を与えられた

実家だろうか。

間取りが全く同じだが違う家。

高級そうな和室が二間続いている。

 

南側の和室には親戚が10人くらい大きな座卓に向かい合って座っている。

亡くなったおじさんもいた。

 

隣の和室に僕がいて、そばに亡くなった父親がいた。

父親は「せん妄」のためか、うなったり騒いだり、おかしな行動をとっていた。

 

すると父親が大きな刃物を二つ振り回しはじめた。

危ないからやめるように言うのだがやめない。

 

刃物がこちらに向かってきそうなので手を抑えつけた。

すると、父親は刃物を自分のお腹に突き立てた。

あたかも、自分を(おまえの手で)殺せと暗に示しているようだった。

 

その時、次の言葉が頭の中に浮かんできた。

「(おまえは)反省しないといけない」

「だから(おまえは)刃物を与えられた」

 

すると長い暗い通路に出た。

自分に向かってドーナツが飛んできた。

それがおなかにベタベタとたくさんくっつく。

とても気持ちが良くなる。

Twitterでフォローしよう