【夢日記】JAVAの案件

開発の現場にいる。

十数年前に勤めていた会社だろうか。

 

当時のメンバーがいる。

Nさんは嫌われ者だが、仕事はそこそこできる人だ。

 

部署内では、どの案件を受託しようか悩んでいるようだ。

「全角の案件」なるものがあり、それについて悩んでいた。

全角の案件はまだまだお金になる。

それを示すドキュメントを渡された。

 

当時のメンバーだったHさんが現れた。

もっとも仕事のできるメンバーの一人で、寡黙で優しそうな人だ。

僕はHさんにJAVAの案件をどうするか聞かれた。

 

JAVAの案件は、もうかなり昔にやっていたのでJAVA自体を忘れている。

自分がそれをこなせるかどうか不安だ。

 

Hさんは通路を通ってJAVAの部屋に案内してくれた。

どうも通路が親戚のおばあちゃんの家に似ている。

 

そして少し大きめの部屋に案内された。

そこにはJAVAの案件でできた成果物が大きなテーブルの上に配置されていた。

どうも最初に聞いた全角の案件というのはJAVAの案件だったようだ。

 

Hさんは僕に静かに問いかけた。

この案件どうする? 君ならやれると思うんだけど。

Twitterでフォローしよう