【夢日記】自動車学校

自動車学校だろうか?

崖を背景にいろんな種類の人が並ぶ。

丸い物体がグラフのように積み重なって並ぶ。

 

人ではなく犬か?とも思わせる。

彼らは何者か、ドライバーなのか?

背の低いドライバー、犬のドライバー、高齢ドライバー?

色んなドライバーがいて、それらを一人づつレビュー(吟味)する。

それらは自分自身でもある。

 

すると妻と試験会場にいる。

論文試験のようだが、周りを見るとすでに受験者は論文を準備している。

自分だけこれから試験時間内に論文を書かなければいけない。

でも、焦ってない。

 

なかなか監督官の先生が来ない。

先生が試験の作成者でもあるのだが、一向に現れない。

ついに受験者はあきらめて帰り始める。

どうやら先生は高名な政治家のようだ。

その中に仲間の政治家たちが混ざっており、僕ら夫婦にこう託した。

「先生がいたら伝えておいてくださいよ。」

なにを?笑

Twitterでフォローしよう