【夢日記】神宮球場で野球が見れない

今回もまた夢を覚えていないんですよね……。苦笑

花粉症の薬のせいで。

去年もそうだったのかな?

 

今までは強烈に覚えている夢にしかフォーカスしなかったけど。

こうしてブログで公開するという初の試み。

普段の印象に残らない夢までも詳細に思い出すことが、ここまで難しいとは思わなかったな。

 

でも今日は運が良かった、目覚めた時間がまだ早朝だったこともあり二度寝。

二度寝した後の夢も思い出しにくいのだが、なんとなく覚えていたのでメモしておく。

 

 

上司や同僚と一緒にいる。

部長のSさんだ。

僕が4年ほど働いた会社の部長さんだ。

 

神宮球場に野球を見に行くことになった。

部長さんたちは早々に席を取ってプレイボールを待っていた。

僕は球場の中を探検しようとあちこち歩きまわった。

 

一通り球場内を探索すると、一瞬で客が埋まって満員御礼となった。

いや、それどころか人があふれており、僕は観客席に入れなくなってしまったのだ。

せっかく球場に来たのに試合を見れないなんて……。

悔しくてどうにかして観客席に戻ろうとするがルートがふさがれていて戻れない。

 

球場の窓から外を見ると、夜のバッティングセンターが見えた。

この光景は前にもあったな、そう思って再び球場内を歩き回る。

球場内は観客がびっしり座っており、その隙間を縫って歩く。

最後まで試合は見ることができない。

Twitterでフォローしよう