【夢日記】核戦争

(9日ぶりの夢見)

高速道路の高架下のような場所にいる。

そこには小屋のような小さな建物があって、そこに隠れていた。

そのうち外が気になって、様子を見るために建物から出た。

 

建物から出て、高架下から北の方角を見ると海が見えた。

アクアラインだろうか。

不穏な雰囲気だ。

 

一緒にいるのは弟のようだ。

僕らは何者かから逃げているようだ。

 

上空から発見されないように、高架下に逃げ込んで周りの様子を見ていた。

どうも戦争が起こっているようだ。

 

しばらく海の方をじっと見ていると、爆撃の音が聞こえた。

サイレンも聞こえる。

すると海から巨大な空母が吹っ飛んできて、陸に乗り上げた。

 

「逃げろ!」

 

そう思った瞬間に巨大空母が大爆発を起こした。

原子力空母だったからか、または核弾頭を積んでいたのか、はたまた核爆弾で攻撃されたのか、凄まじい爆発だ。

まさに絵にかいたような核爆発だった。

 

弟が熱波にやられたようだ。

負傷を負いながらも二人で一緒に逃げる。

(同じ夢を過去に見た)

 

逃げる途中でやけどを負った被爆者たちがたくさん目に入る。

焼けただれた被爆者の一人が、僕らが逃げるのを邪魔してくる。

敵兵だったのだろうか。

Twitterでフォローしよう