【夢日記】完熟フレッシュの床屋で下手くそなモヒカンにされる

友達の親がやってる床屋に行く。

しかし、なぜか店主が完熟フレッシュの父親の方だった。

 

結局、丸坊主にちょんまげが付いたような変なモヒカンにされる。

髪型を鏡で見て「これはひどい」と思う。

「これじゃ外を歩けない」と悩む。

 

完熟フレッシュがそれを察したのか、「1000円で良いよ」って言ってくる。

財布に入った100万円近くの札束から1000円を出そうとすると、なぜか完熟フレッシュが代わりに僕の財布を取り上げて1000円札を探し始めた。

1000円だけ抜けばいいのに、なぜか完熟フレッシュは札束をペラペラと数えはじめ、そして「1000円もらったよ」と。

本当に千円だけ抜いたのかかなり怪しかった。

 

しかしこの髪型をどうしようか。

金曜日に床屋に行き直ししようと思っても、日程的にいけないし……。

 

 

場面が変わり、なぜか高校の同級生TIと結婚することになる。

二人ともかなり嫌なので、結婚はやめようということになる。

 

そこへ父が出てきてその前に二人で墓参りに行けと言う。

弟がそれに付き添うことになる。

 

しかし、どうして二人で行かなければならないのか、意味が分からず乗り気ではない。

いやいやながらも準備をはじめる。

 

すると、実家の二階、西側の部屋が見えた。

ところどころ継ぎはぎ状に古い壁になっている。

南側の壁の真ん中に(実際には存在しない)収納があり、そこに古い埃だらけの資料が入っているのが見えた。

Twitterでフォローしよう