【夢日記】きのこ雲のような雨雲がやってくる

近所のD公園に妻と二人でいる。

野球場では白に赤いアクセントのあるユニフォームを着た小・中学生が練習をしていた。

 

ゴーっという大きな音が聞こえてきた。

地震の地鳴りではなく、その音は空から聞こえていた。

東の空を見ると、大きな積乱雲が迫って来ていた。

その雲は濃い灰色で、原爆のキノコ雲のようにも見えた。

それは、どんどん大きくなっていった。

 

ついにポツポツと冷たい雨が頭に当たる。

雲が東から西へ移動するのも妙だが、こちらへ徐々に近づいてきているようだ。

野球をしていた子供たちは、自転車に乗って急いで家へ帰っていく。

 

僕らはどうしよう。

D公園にはコンクリートでできた丈夫なトイレがあった。

そこへ逃げようと妻と二人でゆっくりと向かう。

Twitterでフォローしよう