【夢日記】ぬいぐるみオバケとの格闘

古い洋館の廃墟にいた。

ボロボロで一部の床は底が抜けていたりする。

でも、廃墟という割には綺麗だ。

作られた廃墟?

 

そこには若い人たちがいた。

若い人たちは逃げまどっていた。

僕も一緒に逃げる。

 

大きなぬいぐるみが追いかけてくる。

中に人が入っているようには見えなかった。

ぬいぐるみが動いている。

廃墟の洋館、ボロボロだが綺麗、これはテーマパークのアトラクションだろうか。

 

僕は廃墟の洋館を、ぬいぐるみのオバケに見つからないように歩いていた。

ふとガレージに出た。

すると、リヤカーに原動機を付けたような乗り物がやってきた。

 

そn原動機付リヤカーにはクライアントのISさんが乗っていた。

おしゃれな木目調のエアロパーツ?が張り巡らされているが、それは単なる原動機付リヤカーだ。苦笑

 

普段から感じの良いISさんは僕を見ると挨拶をして去っていった。

僕は自分の足元をみると、自分も原動機付リヤカーに乗っていることに気がついた。

でも、ISさんのように木目調のピカピカではなくボロボロだ。

 

再び廃墟の洋館を僕は歩き始めた。

床に穴が開いており、そこから下のフロアにロープが伸びていた。

 

ロープを伝って下のフロアに降りようとすると、ロープの先に女性が二人いた。

クライアントさんのRさんだろうか?

それとも妻の知り合いのUさんだろうか?

誰だかわからないが、よく見ると外人のような顔をしている。

 

とりあえずRUさんとしよう。

RUさんは僕が下りようとするロープの下から上へ登ろうとしていた。

僕はRUさんの邪魔にならないように降りようと思った。

でも、ロープは一本なのですれ違いができない。

 

RUさんは僕を見上げて言った。

「まだ接点を失いたくないからね。」

そう言って、二人はどこかへ行ってしまった。

 

再び、僕は廃墟の洋館を歩き出した。

すると、ついにぬいぐるみオバケに出くわしてしまった!

何の動物かわからないが、ゆるキャラの化け物のような印象。

目が大きく丸くて、口も丸くてひょっとこみたいに飛び出ている。

なんこれ?

 

僕は手に園芸用の緑の支柱を持っていた。

その支柱でぬいぐるみオバケをつつくが、支柱がぐにゃりと曲がってしまって役に立たない。

仕方ないので手で押しのけようとした。

 

すると、ぬいぐるみオバケはカッターナイフを取り出して、それを僕の手に近づけた。

僕はカッターナイフを押しのけようとするが、カッターの刃に手が当たりそうだ。

ギリギリのところで刃をよけて、なんとか食い止める。

なんだこいつは何者だ!?

 

ふと場面が変わって造成地に出た。

線路の近くの土地。

T埼の1丁目だろうか。S君の家の辺り。

 

そこには住友林業の家が建設中だった。

店舗併設だろうか、カウンターのようなものが付いている。

食べ物?

電気的な部品?

よくわからない変なものを売る予定みたいだ。

 

施主の気持ちが伝わってくる。

「完成が待ち遠しい。」

いつの間にか僕も家を建てた気分になる。

Twitterでフォローしよう