【夢日記】理想の家

以前に住んでいた田舎の家にいる。

その家は、リフォームされていた。

とても自分好みに、仕上がっていた。

 

長い廊下があり、部屋もたくさんある。

たくさんの設備と、おしゃれなインテリア。

 

そうだ、思い出した、以前に(夢の中で)ここへ何度も来て、リフォームしたのだ。

しかも、まだリフォームの途中だ。

これからもっとよくしようと思っていた。

楽しみは無限に広がる。

幼い子供が欲しかったおもちゃをやっと買ってもらったような、そんな気持ちだ。

未来への期待。

 

この家は申し分はないのであるが、どこか荒れた雰囲気があった。

窓を見ると、外れ欠けていた。

ちょっと壁を押すと、その壁は外側に向かってバタッと倒れた。

壁がなくなり、晴れた田舎の庭園風景が目に入った。

 

しばらく来ないうちに家が荒れてしまった。

これじゃあだめだ、直さないといけない。

Twitterでフォローしよう