【夢日記】留学生の前で漫才を披露する

学校の教室にいた。

教室には留学生たちがたくさん座っていた。

僕が行ってる大学は留学生が多い。

人種まではわからないが、みんな一様に陽気だった。

 

僕は留学生の一人のP君と漫才をやることになった。

P君は僕が大学時代にサークルで知り合った韓国の留学生だ。

いつも笑顔でニコニコして、キャンパスで会えば挨拶してくれる。

もちろん反日ではない。笑

 

もう何週間も漫才の練習を重ねた。

そこそこネタは面白いから、留学生相手だが少しはウケるはずだ。

そう思っていたけど、予想外の事態が発生した。

 

ぜんぜんウケない……。

いや、そもそも留学生たちは僕たちの漫才を聞いてないのだ。苦笑

ガヤガヤと騒いで、みな勝手に雑談を楽しんでいた。

 

こっちを振り向かせようと思って大声を出すのだけれど、大きな声が出ない。

子供の頃は大きく高い声が出たのに、どうしたんだろう、何故声が出ないんだろう。

 

すると、次第に覚えたネタを忘れていたことに気がついた。

しまった次に何をしゃべるか忘れてしまった、しかも声も出ない。

歯がゆい思い。

 

最後の方になって、最初から聞いてくれる幾人かの留学生が感想を教えてくれた。

「面白い」とのこと。

でも納得がいかない。

準備不足だったなあ、もう少しうまくやれたなあ。

Twitterでフォローしよう