【夢日記】修学旅行の途中でホラン千秋の車で神戸に行く予定

関西あたりに修学旅行に来ているようだ。

修学旅行の学生たちが周辺にはたくさんいる。

とにかく僕は神戸に行かなければならない。

恐らく、神戸まで近いはずなのだが、現在地がどこだかわからない。

地図が見えるのだが、西の方角に神戸があるので、恐らく大阪か京都あたりにいるのだろうか。

あと、30分か1時間くらいで神戸に行けるくらいの距離感だ。

 

すると修学旅行生であふれた田舎駅が見つかった。

その駅は、駅というよりも駄菓子屋、いや土産屋だった。

店の中は学生でいっぱいで大混雑だ。

 

お店の奥には電車乗り場があるのだが、電車を見て驚いた。

なんと、小さなおもちゃの電車だったのだ。

遊園地とかで幼児が乗るようなミニ電車だ。

先頭車両にモーターが付いており、2両目以降はただの箱だ。

その箱に体操座りして乗るというお粗末なもの。

 

しかし神戸に行けるのなら、これに乗るしかないだろう。

駄菓子屋駅のオバハンの「神戸に行けるのか」と聞いても、なぜかオバハンははぐらかして答えてくれない。

 

困った僕は電車の様子を見ていると、学生が一人やってきて箱に入った。

そして、電車は行ってしまった。

 

仕方なしに学生たちをかき分けて店の外に出た。

当たりを見渡すと、タクシーで行くという方法を思いついた。

すると、トラウデン、いや、ホラン千秋が店の外まで車で来てくれるようだ。

ホランを待ってる学生がいたので様子を聞いてみると、まだ二人ほど乗れるみたいだ。

僕は店の外で車を待つことにした。

 

しかしその車には問題があった。

なんと、天皇陛下も乗せる予定だったのだ。

「こんな一般車に天皇を乗せるなんて何事か!」

と世間的に批判されることだろう。

Twitterでフォローしよう