【夢日記】都内の北の方で仕事先の人に会う

都内にいる。

都内の北、JR大塚あたりの駅。

そんな駅に恐らく行ったことはないのだが…。

 

東京の北の方にいるということは分かった。

なぜか、町中に泡があふれている。

 

すると、突然後ろから誰かが走ってくる気配がした。

しかも、その人は自分を跳ね除けようとする勢いで突っ込んでくる。

 

誰だろうと思い、とっさにその人物の腕をつかむ。

すると、なんと滅茶苦茶体を鍛えている仕事仲間のO氏だった。

O氏は声には出さないが「自分の腕をつかむやつがいるなんて珍しい」という顔をした。

 

すると場面が変わり、ゲームセンターのような、トレーニングセンターのような場所にいた。

なにか鍛えているようなのだが、そこにいる人たちはみんなプロ級の人たちばかりだ。

O氏もそこで鍛えているようだ。

 

なぜ都内のこんな意味の分からない場所にいるのだろう。

そう思って帰宅しようと思った。

 

駅に来て電車を待つ。

しかし、そこには妙な女がいた。

何か僕に言いたそうな感じで近づいてくる。

よく見ると、クライアント先の担当者のようにも見えた。

なにか言いたそうというか、行く手を遮るようにも感じて、急いで電車が出る場所まで移動する。

 


ここ最近は仕事が忙しく、いつも仕事のことを考えていたので、このような夢を見たのだと思う。

Twitterでフォローしよう