【日月神示】五度の岩戸閉めを歴史的に考察してみた

久々の更新です。

ここ最近は夢日記と創作活動にうつつを抜かしておりました。

これらの成果についてはまたの機会にお話ししたいと思います。

とにかくサボり過ぎていましたので、そろそろ活動を再開したいと思います。苦笑

 

さて、今日は定番「日月神示」に出てくるパワーワードでもあります「五度の岩戸閉め」についての考察です。

「五度の岩戸閉め」とは、神話の時代から五度にわたり日本を貶めてきた元凶たる事件のことを指します。

そこには神武天皇や仏教伝来の話も出てくることから、日本の歴史とも大きくかかわる話です。

 

ただ、この「五度の岩戸閉め」については、日月神示を読んだところでイマイチわかりにくいのです。

結果、ぼんやりとした解釈しかできなかったところを、今回はある程度の結論を出そうという試みであります。

まあ、ちょっと長くなりますけどね、。苦笑

 

しかし、深堀して細部まで考察したい人には楽しく読めるのではないかと思っております。

というわけで、以下、皆様がよりよく生きるための材料になれば幸いでございます~。笑

 

目次

五度の岩戸閉めとはなにか?

えーと、まずは「五度の岩戸閉め」と聞いてピンと来ない人のための解説から始めましょう。

「五度の岩戸閉め」とは、日月神示に出てくる一節であります。

日月神示については当ブログでも解説してますので、ご存じない方は以下の記事を読んでくださいね。

 

 

これ以外にも「日月神示」について触れている当ブログの記事はたくさんありますので、以下お時間があればお読みください。

当ブログ内の「日月神示」の検索結果

五度の岩戸閉めはいつ起こったか?

さて、日月神示を読みますと、文中に次のような内容が書かれた一節が出てきます。

これが、「五度の岩戸閉め」であります。

 

岩戸は五回閉められてゐるのざぞ、那岐(なぎ)、那美(なみ)の尊の時、天照大神の時、神武天皇の時、仏来た時と、大切なのは須佐之男神様に罪着せし時、その五度の岩戸閉めであるから此の度の岩戸開きはなかなかに大そうと申すのぞ。

 

誤解を恐れず、ざっくりと言えば、過去に日本を悪くした歴史的な事件を「岩戸閉め」と呼んでいるのです。

そしてそれが神話の時代と奈良時代あたりまでで通算5回あったということなのです。

イザナギ・イザナミの時代、アマテラスの時代、スサノオの時代、神武東征の時代、仏教伝来の時代の5度です。

 

でもこれだけでは、岩戸閉めとは何か、具体的な内容がわかりません。

そこで、日月神示を読み進めますと、次の通り、5度の岩戸閉めそれぞれについて詳しく説明している箇所が出てきます。

 

岩戸しめの始めはナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞ、ナミの神が火の神を生んで黄泉国に入られたのが、そもそもであるぞ、十の卵を八つ生んで二つ残して行かれたのであるぞ、十二の卵を十生んだことにもなるのであるぞ、五つの卵を四つ生んだとも言へるのであるぞ、総て神界のこと、霊界のことは、現界から見れば妙なことであるなれど、それでちゃんと道にはまってゐるのであるぞ。一ヒネリしてあるのぢゃ、天と地との間に大きレンズがあると思へば段々に判りてくるぞ。夫神、妻神、別れ別れになったから、一方的となったから、岩戸がしめられたのである道理、判るであろうがな。その後、独り神となられた夫神が三神をはじめ、色々なものをお生みになったのであるが、それが一方的であることは申す迄もないことであろう、妻神も同様、黄泉大神となられて、黄泉国の総てを生み育て給ふたのであるぞ、この夫婦神が、時めぐり来て、千引の岩戸をひらかれて相抱き給う時節来たのであるぞ、うれしうれしの時代となって来たのであるぞ。同じ名の神が到るところに現はれて来るのざぞ、名は同じでも、はたらきは逆なのであるぞ、この二つがそろうて、三つとなるのぞ、三が道ぞと知らせてあろうがな。時来たりなば この千引の岩戸を倶にひらかんと申してあろうがな。

次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇大神、日の大神、揃ふてお出まし近うなって来たぞ。

次の岩戸しめは素盞鳴命に総ての罪をきせてネの国に追ひやった時であるぞ、素盞鳴命は天下(あめがした)を治しめす御役(おんやく)の神であるぞ。天ヶ下(あめがした)は重きもののつもりて固まりたものであるからツミと見へるのであって、よろづの天の神々が積もる(と言ふ)ツミ(積)をよく理解せずして罪神と誤って了ったので、これが正しく岩戸しめであったぞ、命(みこと)をアラブル神なりと申して伝へてゐるなれど、アラブル神とは粗暴な神ではないぞ、あばれ廻り、こわし廻る神ではないぞ、アラフル(現生る)神であるぞ、天ヶ下、大国土を守り育て給う神であるぞ、取違ひしてゐて申しわけあるまいがな。このことよく理解出来ねば、今度の大峠は越せんぞ。絶対の御力を発揮し給ふ、ナギ、ナミ両神が、天ヶ下を治らす御役目を命じられてお生みなされた尊き御神であるぞ。素盞鳴の命にも二通りあるぞ、一神で生み給へる御神と、夫婦呼吸を合せて生み給へる御神と二通りあるぞ、間違へてはならんことぞ。

神武天皇の岩戸しめは、御自ら人皇を名乗り給ふより他に道なき迄の御働きをなされたからであるぞ。神の世から人の世への移り変りの事柄を、一応、岩戸にかくして神ヤマトイハレ彦命として、人皇として立たれたのであるから、大きな岩戸しめの一つであるぞ。

仏教の渡来までは、わずかながらもマコトの神道の光がさしてゐたのであるなれど、仏教と共に仏魔わたり来て完全に岩戸がしめられて、クラヤミの世となったのであるぞ、その後はもう乱れほうだい、やりほうだいの世となったのであるぞ、これが五度目の大き岩戸しめであるぞ

 

これを読めば、なんとなく分かった気になるとは思います。

でも、本当にこの内容を理解できますか?

例えば、神武天皇が人皇として即位したことの何が岩戸閉めなんでしょうか?

神(皇)じゃなくて人(皇)だから?

うーん、もうすこし詳しい理由が知りたいですよね。

岩戸閉めとは何を意味するのか?

そこで日月神示をもう少し詳しく読んでみることにします。

すると、このような一節が見つかります。

 

日本の上に立つ者に外国の教伝へて外国魂に致したのは今に始まった事ではないぞ、外国の性根入れたのが岩戸閉めであるぞ、五度ざぞ、判りたか。それを元に戻すのであるから今度の御用中々であるぞ、中つ枝からの神々様には判らん事ざぞと申してあることもガッテン出来るであろがな。

 

はっきりと「外国の性根入れたのが岩戸閉めである」と書かれていますね。

つまり、日本(の政治)に外国由来の教えや物事の考え方を取り入れたことが良くないと言っているのです。

 

でも確かに「仏教」は、中国を経てインドから来たから外国の教えですが、イザナミとイザナギの事件について考えた時、どこがどう「外国の性根」なのかわかりますか?

神武天皇が人皇として即位した時、その何が「外国の性根」だったのでしょうか?

やっぱり、腑に落ちないというか、よくわかりませんよね……。

もう少し詳しく探ってみましょう。

 

※ ちなみに神武天皇については、ナガスネヒコの背後に新羅がいたという話を前回別のブログで書きましたが詳細は後ほど。

 

【一度目の岩戸閉め】伊邪那美命が黄泉の国へ行った時

まず最初はイザナギ、イザナミの時代の初発の岩戸閉めから考察していきましょう。

その前提として、イザナギ、イザナミとは誰なのか、彼らは何をした人(神様)なのかを最初に説明します。

それを知らなければ、岩戸閉めの意味は理解できませんので。

記紀神話でのイザナミとイザナギ

イザナギ、イザナミとは、記紀(日本書紀、古事記)に出てくる登場人物です。

はるか大昔、神話の時代に日本列島を作り出した神様であります。

これを通称「日本の国生み神話」と呼んだりします。

 

いちおう日本の国を生んだ神とされていますが、日本に最初に来た人とも考えられます。

事実が神話的に書かれている場合もあるので注意が必要です。

 

さて、イザナギとイザナミが日本国を生んだ後、次は神を産むことになります。

しかし、このときに事件は起こりました。

たくさん神を生んだのですが、最後に産んだ子供が火の神だったのです。

そのせいで妻のイザナミは焼け死んでしまうのです。

 

亡くなったイザナミは黄泉の国(死者の世界)に行ってしまい、夫のイザナギは大いに悲しみます。

そこでイザナギは妻を追って黄泉の国へ向かいます。

そしてめでたくイザナミと再会を果たすのですが、その時にイザナミは夫のイザナギに「私を絶対に見ないでね」と言うのです。

でも、夫としては、せっかく妻と再会できて声も聞けたのに、顔を見ずに黄泉の国から去るなんてことはできません。

ついに愛おしさのあまり約束を破りイザナミを見てしまうのですが、なんと、イザナミの姿は醜いゾンビと化していたのです……。

 

「見ぃ~~~たぁ~~~なぁ~~~!」

 

夫に恥ずかしい姿を見られたイザナミはブチ切れます。

「よくもスッピンの私の顔を見たわね!」どころの騒ぎではありません。笑

腐敗してウジやハエがたかった自分を見られたのですから、それはもう我慢ならないほどの屈辱だったことでしょう。

まるでゾンビ映画のような話ですが、次のように日本書紀にそのまんま書かれています。

 

然後、伊弉諾尊、追伊弉冉尊、入於黃泉而及之共語時、伊弉冉尊曰「吾夫君尊、何來之晩也。吾已湌泉之竈矣。雖然、吾當寢息、請勿視之。」伊弉諾尊、不聽、陰取湯津爪櫛、牽折其雄柱、以爲秉炬而見之者、則膿沸蟲流。今世人、夜忌一片之火・又夜忌擲櫛、此其緣也。時、伊弉諾尊、大驚之曰「吾不意、到於不須也凶目汚穢之國矣。」乃急走廻歸。于時、伊弉冉尊恨曰「何不用要言、令吾恥辱。」乃遣泉津醜女八人、一云泉津日狹女、追留之。故伊弉諾尊、拔劒背揮以逃矣。因投黑鬘、此卽化成蒲陶、醜女見而採噉之、噉了則更追。伊弉諾尊、又投湯津爪櫛、此卽化成筍、醜女亦以拔噉之、噉了則更追。後則伊弉冉尊、亦自來追。是時、伊弉諾尊、已到泉津平坂。一云「伊弉諾尊、乃向大樹放尿、此卽化成巨川。泉津日狹女、將渡其水之間、伊弉諾尊、已至泉津平坂。」故便以千人所引磐石、塞其坂路、與伊弉冉尊相向而立、遂建絶妻之誓。

日本書紀

 

その一方で夫のイザナギは、ゾンビ化したイザナミに恐れをなして黄泉の国から逃げ出します。

しかし逃げても逃げてもイザナミは追ってきて、ついにイザナミの手下のゾンビ軍団まで現れて絶体絶命の危機に陥るのです。

それでも命からがら黄泉の国を逃げ出したイザナギは、黄泉の国の出入り口をでっかい岩、つまり千曳の岩戸でふさいでしまうのです。

まさに岩戸閉めです。

 

その時、イザナミは怒って夫のイザナギに呪いの言葉を言い放ちます

「そんなことするなら、あんたの国の人間たちを一日千人殺しちゃうからねーっ!」

それを聞いたイザナギは、妻のイザナミに言い返します。

「だったら一日千五百人産んじゃうもんねーっ!」

この大人げないやり取りも次のように日本書紀に書かれています。

 

時伊弉冉尊曰「愛也吾夫君、言如此者、吾當縊汝所治國民日將千頭。」伊弉諾尊、乃報之曰「愛也吾妹、言如此者、吾則當日將千五百頭。」

日本書紀

 

それにしても1500人産んで1000人殺すって、なんそれ?

三歩進んで二歩下がるみたいな。笑

ま、そこは置いといて、簡単に言うと最初は仲良かった夫婦が、ケンカして別れちゃう話なんですね……。

そして、これが日本の夫婦の原型なのです……。悲

イザナギ・イザナミは物質偏重の不完全な世界を作ってしまった

以上の記紀神話を踏まえまして、改めて日月神示を読み返してみましょう。

とくに、赤字の部分の意味を考えながら読んでみてください。

 

岩戸しめの始めはナギ(伊邪那岐命)ナミ(伊邪那美命)の命の時であるぞ、ナミの神が火の神を生んで黄泉国に入られたのが、そもそもであるぞ、十の卵を八つ生んで二つ残して行かれたのであるぞ、十二の卵を十生んだことにもなるのであるぞ、五つの卵を四つ生んだとも言へるのであるぞ、総て神界のこと、霊界のことは、現界から見れば妙なことであるなれど、それでちゃんと道にはまってゐるのであるぞ。一ヒネリしてあるのぢゃ、天と地との間に大きレンズがあると思へば段々に判りてくるぞ。

 

卵を生んだと書かれていますが、恐らく神話の「1500人産んで1000人殺す」のことを、卵を使って割合的に示しているのでしょう。

でも、卵のくだりを割合でみると、順に「10:8」、「12:10」、「5:4」となっており割合がおかしいです。

なぜなら「1500人産んで1000人殺す」ならば、「1500:1000」つまり「3:2」でなければなりません。

 

とすると、この卵のくだりは、なにか別のことを表しているんでしょうか……?

そこで、さらに日月神示を読み進めていきますと、このような一節があります。

 

人民の肉体も心も天地も皆同じものから同じ想念によって生れたのであるぞ。故に同じ型、同じ性をもっているぞ、そのかみの天津神はイザナギ、イザナミの神と現われまし、成り成りの成りのはてにイザナギ、イザナミの命となり給ひて、先づ国土をつくり固めんとしてオノコロの四音の島をならし八尋殿(やひろどの)を見立てられたのであるぞ、これがこの世の元、人民の頭に、東西南北の四方があり八方と拡がるであろうが、八十となり、八百、八千と次々に拡がりて八百万(やをよろづ)となりなるのであるぞ。
四と八によってなされたのであるから、森羅万象の悉(ことごと)くがその気をうけてゐるのであるぞ。原子の世界でもそうであろうが、これが今の行き詰りの原因であるぞ、八では足らん、十でなくてはならん、〇でなくてはならんぞ。岩戸ひらきの原因はこれで判ったであろうがな。

 

なるほど、「10」という数字を完全であるとして、「8」までしかイザナギはこの世界に生まなかったという意味だったのです。

同じ比率で、「5」が完全であるとすれば、「4」までの世界を作ったとも言えます。

しかも、この4と8の世界は原子(炭素)の世界にも反映されているという見事さ。

「10の卵を8つ生んで2つ残した」または「5の卵を4つ生んで1つ残した」というのは、このことを指していたのです。

つまり、イザナギが作りだしたのは、8割の未完成の世界なのです。

 

でも、僕たちの世界が八割の未完成な世界だからって、何が悪いんでしょう?

誰も今の世界が完璧だとは思ってないし、完璧である必要はあるのでしょうか?

八割あれば上出来じゃないでしょうか。

 

「八割じゃダメですか!?」

 

って、「二位じゃダメですか」みたいに言ってしまいましたけど……。苦笑

なぜ八割じゃダメなのか、これについて、さらにもう一歩踏み込んだ記述があります。

 

ナギ、ナミ夫婦神は八分通り国土を生み育てられたが、火の神を生み給ひてナミの神は去りましたのであるぞ。物質偏重の世はやがて去るべき宿命にあるぞ、心得なされよ。ナミの神はやがて九と十の世界に住みつかれたのであるぞ。妻神に去られたナギの神は一人でモノを生むことの無理であることを知り給ひ、妻神を訪れ給ひ、相談されたのであるなれど、話が途中からコヂレて遂に別々に住み給ふ事となり、コトドを見立てられて千引の岩戸をしめ、両神の交流、歓喜、弥栄は中絶したのであるぞ。

 

なるほど、八割の世界はつまり「物質偏重の世界」という意味だったのです。

残りの二割に肝心な精神性の部分が含まれていたのに、それが全く入ってない八割という意味だったのです。

 

日月神示でよく出てくるフレーズですが、「〇」に「´」が入ってないということですね。

これならば同意できます。

かなりしっくりきました。

 

夫のイザナギが作り出したのは物質だけの世界。

妻のイザナミの住む黄泉の国は、幽界・霊界、つまり非物質の世界です。

 

物質の世界は、非物質の世界が無ければ不完全なのです。

物質偏重の世界には、心の世界の働きが必要なのです。

お金や物だけを重視した、心、精神性のない世界はダメだということなのです。

 

夫婦がケンカして別れたことで、二人は図らずも両極端な二つの不完全な世界を作ってしまった。

そして、今もまだお互いが離れ離れ(岩戸が閉められた状態)であるという意味だったのです。

イザナギ・イザナミが幽界を作り出したことが岩戸閉めとなった話を動画にまとめました

イザナギ・イザナミ神話はイスラエルの失われた10支族を意味していた

というわけで「10の卵を8つ生んで2つ残した」または「5の卵を4つ生んで1つ残した」については理解できました。

でも、同じく卵のくだりに書かれていた「十二の卵を十生んだ」について。

これ、なんだか引っ掛かりませんか?

 

12:10 = 6:5

 

八割と二割、つまり「5:4」の物質・非物質の世界とは割合が違いますよね。

 

勘の良い方はお気づきかと思いますが、12と10と言えば、そうです、イスラエルの失われた10支族です。

旧約聖書によれば、イスラエル人には12の支族(部族)があると書かれています。

紀元前の話ですが、イスラエルは国が2つに分かれたことがありました。

12支族のうち10支族は北王国に、2支族は南王国へと別れました。

つまり、十二の卵とは、まさにこの北王国と南王国に10と2で分かれたイスラエル12支族のことを指しているのです。

 

実はこの十二の卵の謎解きが火水伝文に書かれているのです。

少しわかりにくい内容ですが、次の文章をお読みください。

 

ユダヤ十二部族の型示しあるは、正しくイザナギ、イザナミ御二神の分かれ型。初発の岩戸閉めの、大事な型を知らしめあるのぞ。開き盲ばかりでござるから、解からぬのは無理もござらぬが、こ度に関わる大事にてあるから申して置くぞ。ナミ、カミサラレなさるにありて、末のこ度に【元つマコトの神真釣り】復するを計ろいて、計りた仕組みをご守護なさる正神真神の御二神を、残し置かれた、いう事にてあるのぞ。
(カミ)サラレマシテ二神を残されあそばされたのであるぞ。十(カミ)真釣り閉じ去られまして地のへに二民を残し置かれた、とも言えるのぞ。十(カミ真釣りと引き換えに、二つに分かつ知を残し置かれた、とも言えるのじゃ。ご自身のオイノチと引き換えに、知恵の神をお産みになられた、申すことじゃよ。

火水伝文

 

ここには、12支族が10と2に分かれたことの本当の意味が書かれています。

神(十)が去って天照大神と素戔嗚尊の神(二)を残したという解釈。

そして、神(十)が去って地上にユダヤとスメラの民(二)を残したという二つ目の解釈。

そして、神(十)が去って、二元性の世界(二)を残したという三つ目の解釈です。

この二つ目の解釈のように、イザナギとイザナミの説話は、イスラエル12支族の歴史と相似形であるのです。

 

火水伝文は賛否両論多い書物ですが、日月神示を詳しく解説する役割の書であるとされています。

読んでいるとちょいちょい疑問符というか、引っ掛かる内容がありますが、一読の価値はあると思います。

火水伝文について詳しく知りたい方は、過去のブログ記事をご覧下さい。

かつてイスラエルの失われた10支族は日本にやってきた

さて、その後、10支族の北王国はアッシリアに滅ぼされてしまいます。

そして、2支族の南王国だけが残ります。

 

滅ぼされた北王国の国民の多くは捕虜となるのですが、一部の人たちは逃げ延びました。

逃げ延びてどこに行ったのか?

実は、その滅亡した北王国から逃れてきた10支族の人たちが日本にやって来たという伝説があるのです。

 

その証拠はいくつかあります。

例えば、天皇家の紋章(菊花紋)が、なぜか中東の遺跡や発掘物に刻まれているという事実。

シュメールの三種の神器が、なぜか日本の三種の神器と同様に「鏡と首飾りと剣」だという事実。

さらに旧約聖書の「契約の箱」が2本の棒によって人々に担がれている様子が、まるで日本のお祭りの主役であるお神輿と瓜二つという事実。

日本の伝統文化とされているものが、なぜか古代の中東、シュメール、イスラエルに見られるのです。

 

ということはつまり、日本民族とユダヤ民族は先祖が同じではないだろうか!?

はい、これを「日ユ同祖論(にちゆどうそろん)」と呼んでいます。

 

証拠は他にもたくさんありますが、これらの事象から、シュメール・イスラエルからの渡来人が日本にやってきて文化を伝えたのではないか?

イザナミ・イザナギのモデルは、旧約聖書のイザヤではないか?

などという仮説がたくさん生まれたのです。

これは、古代の優れた航海技術に加えてシルクロード(草原の道・オアシスの道・海の道)などの存在を鑑みれば十分にあり得る話だと思います。

イスラエル十二支族は一致団結しなければならない

少し話がわき道にそれましたが、実はここが重要なポイントなのです。

イスラエル12支族のうち10支族が日本にやってきて今に至りますが、いまだ2支族はイスラエル(もしくは世界の政治経済の支配層)にいるという意味でもあります。

つまり12支族がバラバラになって不完全な状態が今もまだ続いているんだよという意味なのです。

日月神示には以下のように書かれています。

 

今に世界の臣民人民 誰にも判らん様になりて上げもおろしもならんことになりて来て、これは人民の頭や力でやってゐるのでないのざといふことハッキリして来るのざぞ。何処の国、どんな人民も成程ナアと得心のゆくまでゆすぶるのであるぞ。今度は根本の天の御先祖様の御霊統と根元のお地(つち)の御先祖様の御霊統とが一つになりなされて、スメラ神国とユツタ(ユダヤ)神国と一つになりなされて末代動かん光の世と、影ない光の世と致すのぢゃ、今の臣民には見当とれん光の世とするのぢゃ、光りて輝く御代ぞ楽しけれく。悪い者殺してしまふて よい者ばかりにすれば、よき世が来るとでも思ふてゐるのか、肉体いくら殺しても魂迄は、人民の力では何うにもならんであろがな。元の霊(たま)まで改心させねば、今度の岩戸開けんのぢゃぞ、元の霊(たま)に改心させず肉体ばかりで、目に見える世界ばかり、理屈でよくしようとて出来はせんぞ、それ位 判って居らうが、判りて居り乍ら他に道ないと、仕方ないと手つけずにゐるが、悪に魅入られてゐるのぢゃぞ、悪は改心早いぞ、悪神も助けなならんぞ、霊(たま)から改心させなならんぞ、善も悪も一つぢゃ、霊も身も一つぢゃ、天地(アメツチ)ぢゃとくどう知らしてあろが。何んなよいこと喜ばして知らしても、聞かせても、今の臣民人民 中々云ふこときかんものぢゃぞ。この道にゆかりある者だけで型出せよ、カタでよいのぢゃぞ。

 

スメラ神国というのは皇(すめら)の国、つまり日本を指します

ユダヤ神国とはイスラエル、または……、フリーメーソンなど陰謀論界隈を賑わせている国際金融財閥や世界の政治経済の支配層のことを指します。

ちなみに、日月神示ではフリーメーソンのことを「イシヤ」と呼んでいます。

 

知恵でも学問でも、今度は金積んでも何うにもならんことになるから、さうなりたら神をたよるより他に手はなくなるから、さうなりてから助けて呉れと申しても間に合わんぞ、イシヤの仕組にかかりて、まだ目さめん臣民ばかり。日本精神と申して仏教の精神や基督教の精神ばかりぞ。今度は神があるか、ないかを、ハッキリと神力みせてイシヤも改心さすのぞ。

 

イシヤとはつまり、石屋さんなのですが、はい、そうです、石工組合を起源とするフリーメーソンを指します。

フリーメーソンに限らず、世界経済や政治を動かしている人たち、つまり国際金融財閥や世界支配者層とも言えます。

 

このように日月神示はイシヤ=フリーメーソン=ユダヤのことを悪の権化のように書いておりますが、それなのに「一緒に世界を治めよ」とも書いているのです。

次の一節をお読みください。

 

岩戸開く仕組 知らしてやりたいなれど、この仕組、言ふてはならず、言はねば臣民には分らんし、神苦しいぞ、早う神心になりて呉れと申すのぞ、身魂の洗濯いそぐのぞ。二三三二二(アイカギ)、、コノカギハイシヤトシカテニギルコトゾ。

 

「コノカギハイシヤトシカテニギルコトゾ」とあります。

わかりやすいように漢字まじりで書くと、「(岩戸を開く)鍵は、石屋としか(しっかりと)手を握ることだ」と書かれているのです。

元は一つだった二つの国の人々が反発することなく一緒になって手を組んで、影のない光の世界へ人々を導くことが必要であると説いているのです。

 

日本はどちらかというと精神性を重んじる国民性ですが、金融・投資が盛んなユダヤ、欧米的価値観は物質偏重であるとも言えます。

これはまさに、イザナギ・イザナミの初発の岩戸閉めで、物質界と霊界が別れてしまった事を象徴するような対比関係であるとも言えます。

この相反する世界が別れてしまった元を作ったイザナギ・イザナミの説話こそが一度目の岩戸閉めだったのという意味なのです。

イザナミ・イザナギの話は旧約聖書と相似形であるという話。その他、岩戸開きについて動画にまとめました

 

【二度目の岩戸閉め】天照大神が岩戸から出た時

さて、次は二度目の岩戸閉めについての考察です。

二度目の岩戸閉めは天照大神(アマテラス)の時代です。

まずは前提として、天照大神とは何者かについてお話しします。

 

と言っても皆様ご存知の通り、天照大神もナギ・ナミと同じく記紀に出てくる神話上の登場人物です。

実は実在する人物で、しかも、その正体は卑弥呼だったという説もありますけどね。

以前にブログで書きました。

 

 

ちなみに、「卑弥呼はだれか?」の続編はまたの機会に書こうと思っています。

って、続編があるんかい!笑

記紀神話の天照大神とは何者か?

話を戻しまして、まず最初に記紀での天照大神はどのような神だったか説明しましょう。

言わずと知れた日本の高祖でもある天照大神は、先ほど出てきました、イザナギ・イザナミの子なのです。

しかも、アマテラス、ツクヨミ、スサノオの三人姉弟でありまして、この三人をとくに三貴神と呼んだりします。

といっても正確には、この三貴神は、男神であるイザナギが一人で生んだ神様であります。

なぜならイザナミは黄泉の国に引っ込んでしまいましたからね。苦笑

 

さて、前述の通り天照大神は三姉弟で、弟たちに素戔嗚尊(スサノオ)と月読尊(ツクヨミ)がいます。

ある時、素戔嗚尊は父であるイザナギの命令に従わず泣いてばかりだったため、高天原から根の国へ追放されてしまいます。

ところが素戔嗚尊は、根の国へ行く前に「姉ちゃんに別れの挨拶をしに行こう!」と思い立ち、天照大神の住む高天原へとやってきます。

 

しかし、天照大神は、素戔嗚尊が攻めてきて高天原を乗っ取ろうとしているのではないかと疑います。

そこで天照大神は素戔嗚尊に言います。

「お前に(高天原を攻める)悪い心が無ければ、お前の生む子はきっと男だろう。もしも男を生んだら私の子供として高天原を治めさせよう」

この「賭け」のような行為を誓約(うけひ)と呼びます。

「もし●●だったら、××であり、●●じゃなかったら○○だ」みたいに事前に宣言しておいて、その結果で占う方法です。

僕もたまにやります。笑

 

すると素戔嗚尊はみごとに男の子を生んで、わが身の潔白を晴らしたのでした。

つまり、天照大神と誓約をして勝利したのです。

 

しかし、身の潔白を晴らして気をよくした素戔嗚尊は、高天原で調子に乗って暴れまくります。

素戔嗚尊が暴れて高天原を荒らす様子を見た天照大神は、怒り狂って天の岩戸という岩でできた洞穴に隠れてしまうのです。

ここからが、かの有名な岩戸隠れ神話の始まりです。

 

天照大神が岩屋に隠れてしまったことで世の中は真っ暗闇になってしまいます。

一国の統治者がへそを曲げて政治を放棄して隠れてしまったのですから、そりゃみんな困りますよね。

 

そこで、高天原の神々はどうにかして天照大神を岩屋から引っ張り出そうと画策します。

そこで彼らがとった作戦は、天鈿女命(アメノウズメ)に天照大神が隠れる岩屋の前で裸踊りをさせることでした。

そうすることで天照大神の興味を引こうとしたのです。

 

すると神々の思惑通り、天鈿女命の裸踊りが気になった天照大神は、岩戸を少しだけ開けて外の様子を見ます。

その時、手力雄神(タチカラオ)が少しだけ開いた隙間に手を入れて岩戸を思い切りこじ開け、天照大神を外に引っ張り出したのです。

神々は「もう二度と隠れないで下さいねっ!」と天照大神にお願いをして、「了解っす!」で一件落着!というお話です。

ダマシタ岩戸からニセ天照大神がお出まし?

しかし、日月神示はこれこそがまさに岩戸閉めであるというのです。

それを示しているのが次の一節です。

 

次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇大神、日の大神、揃ふてお出まし近うなって来たぞ。

 

日月神示は天照大神を騙して引っ張り出したと書いているのです。

本物はまだ岩戸の中におり、騙して引っ張り出してきた神様は本物ではない別の神様だと言っているのです。

それではいったい引っ張り出してきた神様は何者なのか?

日月神示を読み進めると、次のように書かれています。

 

天照皇太神宮様(テンショウコウタイジングウサマ)の岩戸開きは、だました、間違ひの岩戸開きぞ、無理にあけた岩戸開きざから、開いた神々様に大きなメグリあるのざぞ、今度はメグリだけのことはせなならんぞ、神にはわけへだて無いのざぞ、今度の岩戸開きはちっとも間違ひない、まぢりけのない、マコトの神の息吹でひらくのざぞ。

 

天照大神ではなく、天照皇太神宮様と書かれています。

この違いはわかりますか?

天照大神と天照皇大神。

後者は「皇」の文字が一文字多いです。

ということは、天照大神と、天照皇大神は別人ということなんです。

 

そうです、現代人は天照皇大神と、天照大神を取り違えているのです。

日月神示はそれを明確に示しています。

最初に引用した次の一節でも、よく見ると「天照大神」と「天照皇大神」を明確に区別しています。

 

次の岩戸しめは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、ダマシタ岩戸からはダマシタ神がお出ましぞと知らせてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神天照皇大神日の大神、揃ふてお出まし近うなって来たぞ。

 

そして、いよいよ(岩戸が開かれるとき)になると、本物の天照大神と、すり替わった天照皇大神と、日の大神という謎の神が3人出てくると書かれています。

「出てくる」とは、つまり正体が明らかになる、ということですね。

 

えっ、ちょっと待って!

天照大神は三人いるの?

 

はい、そうなんです、実は天照大神は三人いるのです!

 

このことは以前に九神文書について書いた記事でも書かせて頂きました。

九神文書とは古史古伝の一つではありますが、中臣家を祖先に持つ九神家に残る古文書です。

 

 

九神文書には神話(物語)は書かれていませんが、その代わりに神の系譜が淡々と書かれています。

これを読むと、三人の天照大神の謎が解けるのです。

天照大神は三人いた(九神文書)

上述の通り「九神文書の研究」という書籍には神様の系図が記載されています。

その系図を読みますと、確かに三人の天照大神がいるのです。

始まりの神からの系譜を示した、こちらの系図をご覧ください。

 

 

まず一人目の天照大神は、根源の神から数えて二代目の天津身光大神が生んだ天照日大神で、日月神示の言うところの日の大神です。

天照大神に「日」の文字を加えて天照日大神となっています。

これは、まあ根源神というか歴史にはあまり関与しないリアル神様的な天照大神ですね。

 

そして、二人目がおなじみ、イザナギ・イザナミの子としての天照大神

系図では天照天皇と書かれていますが、ナギとナミの子供ですから、これはまさしく天照大神を指します。

 

そして三人目が、素戔嗚尊の子である天照皇大神です……。

 

えっ、素戔嗚尊の子!?

 

そうなんです、なんと、岩戸から引っ張り出したのはナギとナミの子の天照大神ではなく、素戔嗚尊の子の天照皇大神だったのです!

先ほどの日月神示のくだりをもう一度確認してみましょう。

 

天照皇太神宮様(テンショウコウタイジングウサマ)の岩戸開きは、だました、間違ひの岩戸開きぞ・・・略

 

天照皇太神宮様とありますが、「皇」の文字が入ってますから、これはまさに九神文書の系図にある天照皇大神と同一と考えられます。

つまり、素戔嗚尊によって高天原は荒らされ、結局、当初の天照大神の懸念のとおり、高天原は素戔嗚尊に乗っ取られてしまったのです。

そこで、本物の天照大神は追放されて、代わりの別人である素戔嗚尊の子である天照皇大神が担ぎ上げられたということなのです。

日月神示には、「同じ名の神二つあるぞ」と各所に書かれており、まさに天照大神も本当の天照大神と騙した天照大神の二つがいたのです。

悪いのは天鈿女命と手力雄神?

じゃあ、素戔嗚尊の側について、偽物の天照大神を皇位継承させたのは誰なのか?

日月神示には、このように書かれています。

 

天(あめ)の岩戸ばかりでないぞ、地(くに)の岩戸 臣民の手で開かなならんぞ、誠一つで開くのぢゃ、誠のタチカラオの神、誠のウズメの命殿、御用結構ぞ。ダマシタ岩戸開きではダマシタ神様お出ましざぞ、この道理判らんか、取違ひ禁物ぞ、生れ赤子の心になれば分るのぢゃぞ。

 

誠のタチカラオの神、誠のウズメの命殿が誠一つで岩戸を開くとすれば、それは結構な御用であると書かれています。

つまり、天照大神の気を引こうと裸踊りをしたときの天鈿女命と、岩戸を無理にこじ開けた手力雄神は「誠」心なく岩戸を開いたとも解釈できます。

または、ニセのタチカラオ、ニセのウズメという意味なのかもしれません。

ということは、天鈿女命と手力雄神はニセモノの天照大神と知って岩戸から引っ張り出したという解釈もなりたちます。

そのため下記引用のように、岩戸を開いた神々に大きなメグリがあると戒めているのです。

 

天照皇太神宮様(テンショウコウタイジングウサマ)の岩戸開きは、だました、間違ひの岩戸開きぞ、無理にあけた岩戸開きざから、開いた神々様に大きなメグリあるのざぞ、今度はメグリだけのことはせなならんぞ、神にはわけへだて無いのざぞ、今度の岩戸開きはちっとも間違ひない、まぢりけのない、マコトの神の息吹でひらくのざぞ。

 

メグリというのは日月神示でよく出てくるワードですが、因果応報、カルマと似たような意味です。

つまり、悪いことをすれば、その報いを受けるという意味です。

岩戸を無理に開いた天鈿女命と手力雄神、そして当時の神々たちは、神であろうと、わけへだてなく報いを受けますよと言っているのです。

もちろん、これは神々の子孫である我々に降りかかっているのですよ、ということなのですけどね……。苦笑

素戔嗚尊は外国の神だった

でも、少しだけ解せないことがあります。

素戔嗚尊といえども、イザナギ・イザナミの子供です。

天照大神の治めていた高天原が、弟の素戔嗚尊に乗っ取られたとしても、二人は姉弟ですから、外国の性根を入れた岩戸閉めにはならないのではないでしょうか。

 

ということは、外国の性根を入れたのは素戔嗚尊ではなく、岩戸を開いた天鈿女命と手力雄神でしょうか?

確かに記紀を読むと、天鈿女命はめちゃくちゃエロくて強いですし、手力雄神は筋肉バカの乱暴者のように書かれています。

まるでアメリカ映画に出てくる悪者キャラクターです。笑

でも、アメリカ的キャラだからといって、外国の性根を入れたことにはなりません。(そりゃ当前!笑)

 

では何が外国の性根なのか?

実はですね、素戔嗚尊は外国から来た神様という記述が日本書紀にあるのです。

次の通り日本書紀には、「一説に素戔嗚尊は、最初に朝鮮半島の新羅に行って、その後に出雲に来た」と書かれています。

(詳細は三度目の岩戸閉めの章でお話しします)

 

一書曰、素戔嗚尊所行無狀、故諸神、科以千座置戸而遂逐之。是時、素戔嗚尊、帥其子五十猛神、降到於新羅國、居曾尸茂梨之處。乃興言曰「此地、吾不欲居。」遂以埴土作舟、乘之東渡、到出雲國簸川上所在、鳥上之峯。

 

つまり、政権が天照大神から、新羅から来た素戔嗚尊(派)に移ったことで、外国の政治手法が取り入れられたとも解釈できるのです。

本物の天照大神が、素戔嗚尊の子である天照(皇)大神にすり替えられて以降即位し、素戔嗚尊(派)の政治が始まった。

外国(新羅)の性根が入ったので岩戸閉めとなったというわけです。

十種神宝(布留の言)で天照大神を蘇生させた天之鈿女

しかし、どうして天鈿女命や手力雄神、そして天照大神の側近である周囲の神々たちは素戔嗚尊に政権を譲ったのでしょうか。

理由の一つには天照大神と素戔嗚尊が誓約(うけひ)をして、素戔嗚尊が勝ったことにあります。

高天原の神々は、偉大なる女王である天照大神を負かした素戔嗚尊にリスペクトの念を抱いたのかもしれません。

 

しかも、素戔嗚尊は外国の高度な技術も持っており、高天原を将来発展させてくれる指導者であると感じたのです。

逆に、負けた天照大神に対しては失望と不安を感じたのかもしれません。

 

しかし、それだと、まるでアメノウズメとタチカラオのクーデターです。

それはさすがに過激です。苦笑

そこまでいかなくても、なにか事件があったのではないか?

そう思って日月神示を読みますと、次のような記述があります。

なにやら数字が並んでいてよくわかりませんが、まずは、ざっと読んでみてください。

 

判るように説いて聞かすから、今迄の智を一先づすてて、生れ赤児となりて聞いて下されよ。天之鈿女(あめのうづめ)の命が天照大神に奉った巻物には12345678910と書いてあったのぞ。その時はそれで一応よかったのであるなれど、それは限られた時と所でのことで永遠のものではないぞ。

この時代には一二三四五六七八九十の数と言葉で、死者も甦る程の力があったのであるなれど段々と曇りが出て来て、これだけでは役にたたんことになって来たのぞ。岩戸開きの鍵であったが、今度の岩戸ひらきには役にたたんようになったのであるぞ。始めに⦿がなくてはならん、⦿は神ぞ。

 

ここには、天鈿女命が天照大神へ巻物を献上したとあります。

その巻物には「12345678910」と書かれており、昔は「12345678910(数と言葉)」を唱えるだけで死者がよみがえったとも書かれています。

 

なんのこっちゃ?

 

と思う人がいるだろう一方で、すでに気が付いた人もいると思います。

そうです、この「12345678910」は十種神宝(とくさのかんだから)布留の言」なのです!

 

布留の言とは、先代旧事本紀に書かれている「ひと・ふた・み・よ・いつ・む・なな・や・ここの・たり、ふるえ・ゆらゆらと・ふるえ」という祝詞のことです。

分かりやすく書きますと、「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,振れ、ユラユラと、振れ」ですね。

これを唱えると死者がよみがえるという最強の祝詞(呪文)です

 

しかし、なぜ布留の言を天之鈿女が天照大神に献上したのでしょうか?

そのような記述は記紀にも書かれていません。

しかも、なぜ布留の言を天之鈿女が知っているのか?

いったいこれは何を意味するのか?

実は、これと同じ内容が古史古伝のウエツフミに書かれているのです。

 

天之宇受売の命ハ神遊びの長として
歓らぎの比売神たちを率きて
天之香具山の天の日蔭を鬘とし天之眞拆を髪插に刺させ
八つ手葛を襷に手繦きて笹葉を手草に結イて手にハ鐸着けたる矛を持ち歓ぎ
女八人ハ手にハ茅巻きの矛を持ち右手に五十鈴を取りて岩屋戸の前津辺に槽伏せて踏み轟こし神懸りなし雀踊りて
舞ゐ廻びに一二三四五六七八九十百千萬十十百百千千千千萬萬とと歌イて合菟鼓に歌イ
あなに吉しあな嬉しあな貴ウと
あな面白と胸乳を掻き出裳緒を陰に押し垂らし腰廻りなし散らぎき故
高天之原に響みて八百萬の神たち共に平手拍たしに高らぎ笑イたまゐき

うえつふみ 宗像本

 

ウエツフミによれば、天之鈿女は天照大神の隠れる岩戸の前で、「12345678910……」と歌っていたのです。

もちろん、そのような記述は記紀には書かれていません。

しかも、これは死者をよみがえらすための布留の言です。

 

ということは、文中には書かれていませんが、このとき既に天照大神は亡くなっていたと考えられるのです!

 

天照大神は素戔嗚尊との誓約で負けました。

誓約とは実は戦争の比喩で、戦争が原因でなくなったのか?

たしかに日本書紀には素戔嗚尊の悪事で天照大神はケガをしたと書かれていますから、乱暴され殺されたことの比喩である可能性もあります。

 

是時、天照大神、驚動、以梭傷身、由此發慍、乃入于天石窟、閉磐戸而幽居焉。故六合之內常闇而不知晝夜之相代。

 

かりに戦争でなかったとすれば、姉弟間の後継(政権)争いの中、素戔嗚尊派に暗殺されたかもしれません。

もしくは単に老衰かもしれませんが、理由はなんであれ、すでに岩戸開きの神事の際に、天照大神が無くなっていたことは確かでしょう。

天照大神は既に亡くなっていたからこそ、天之鈿女は死者をよみがえらせるための布留の言を奏上したのです。

 

もちろん、実際に死者が蘇るわけがないので、これは死者と会話をするための呪文であったとの解釈が妥当でしょう。

恐らくアメノウズメは、亡くなった天照大神に「これから高天原の政治をどうすればよいか」のご神託を得たかったのです。

その後の高天原を誰に治めさせれば良いのか、天之鈿女をはじめ高天原の神々は大いに迷ったに違いありません。

 

しかし、黄泉の国(霊界)にいる天照大神からは良い回答が得られなかった。

そこで、弟神である素戔嗚尊への忖度か、または敬意か、已む無く「素戔嗚尊の子に日の巫女の地位を譲れと天照大神がおっしゃった」ということに「無理やり」したのでしょう。

もちろん側近の神々以外には「天照大神が復活した(岩戸から出た)」と嘘を吹聴して天照大神の威信を維持したのです。

 

こうして高天原は、外国の政治手法を持った素戔嗚尊(派)に政権を譲り、その子の天照皇大神を日の巫女に即位させました。

天を治める神である本物の天照大神がいなくなり、地を治める素戔嗚尊の片方のみとなったため、岩戸閉めとなったのです。

これは意味的にイザナギとイザナミの岩戸閉めに非常に似てますね。

アマテラスの岩戸閉めとなった話を動画にまとめました

 

【三度目の岩戸閉め】素戔嗚尊に罪を着せて追放した時

次は三度目の岩戸閉め、素戔嗚尊が追放された時についての考察です。

先ほど二度目の岩戸閉めでは、本物の天照大神が別人の天照大神にすり替えられてしまいました。

その後、素戔嗚尊の政治はうまく行ったかのように見えましたが、実は、そうはいかなかったのです。

「調子に乗って地を荒らした」として、素戔嗚尊は高天原を追放されてしまうのです。

 

ここで一つ注意しておかなければならないポイントがあります。

実は素戔嗚尊は、天照大神に会いに高天原にくる前に、既にイザナギに追放されているのです。

要するに、素戔嗚尊は最初イザナギに追放された後、次に高天原の神々に追放され、合計二度追放されているのです。

高天原を二度も追放された素戔嗚尊

そこで、高天原を二度も追放された素戔嗚尊の、一度目の追放について検証してみたいと思います。

少しだけ話は過去に遡ります。

 

あるとき高天原のイザナギは素戔嗚尊に「海を治めなさい」と指示を出します。

天照大神は天(太陽)、月読命も天(月)、素戔嗚尊は海、海とはつまり地上世界のすべてを、各々が治めよと指示を出すのです。

しかし素戔嗚尊は「母ちゃん(イザナミ)のいる国へ行きたいよぉ~」と泣いて嫌がったので、高天原の神々は指示を守らない素戔嗚尊を根の国へ追放するのです。

「そんなに行きたいなら行けや」と、これが一度目の素戔嗚尊の追放です。

 

ところで、根の国とは母であるイザナミのいる「黄泉の国」だという説があります。

一方で、根の国は罪や穢れが集まる国と言われており、実は、それは「出雲」であるという説もあります。

なぜなら素戔嗚尊は出雲の国を発展させた大国主の祖先であるとされているからです。

 

それに、先ほども引用しました日本書紀には、追放された素戔嗚尊は(新羅から)出雲に行ったと書かれているのです。

 

一書曰 素戔嗚尊所行無状 故諸神 科以千座置戸 而遂逐之 是時 素戔嗚尊 帥其子五十猛神 降到於新羅國曾尸茂梨之處 乃興言曰 此地吾不欲居 遂以埴土作舟 乘之東渡 到出雲國簸川上所在 鳥上之峯

日本書紀

 

もう少し詳しく訳しますと、追放された素戔嗚尊は子である五十猛と新羅に渡るが、「この地に居たくない」と言って土で作った船で出雲に行ったと書かれています。

つまり、父のイザナギに追放された素戔嗚尊は、朝鮮半島にわたっており、その後に出雲にやってきているということなのです。

ということは、素直に読めば根の国とは朝鮮半島か、または出雲になりますよね。

 

ちなみに古史古伝の富士宮下文書でも、素戔嗚尊は、大陸から日本にやってきたとされています。

しかも、名前も素戔嗚尊ではなく多加王だったとしています。(のちに素戔嗚尊と命名される)

このように、素戔嗚尊は外国と縁があるという説話がたくさん残っているという点がポイントです。

素戔嗚尊は外国の文化を持っていた人だったのです。

素戔嗚尊は外国の文化を日本へ持ってきた

そして、その後の話は先ほどの二度目の岩戸閉めの通りです。

新羅から出雲を経由して、天照大神に挨拶をするため高天原にやってきた素戔嗚尊は、実は高天原を乗っ取らんとたくらんだかは別として、天照大神に誓約(うけい)を仕掛けます。

素戔嗚尊の誓約が成功すると、高天原の神々、天鈿女命らはやむなく素戔嗚の子を天照大神として即位させます。

ここで高天原の皇統の系譜が変わり、今までのしきたりや伝統が失われたという意味で、まさに外国の性根を入れた(二度目の)岩戸閉めが起こりました

 

さて、誓約に成功した素戔嗚尊は大喜びします。

自分の娘が新たな天照大神(巫女)として即位し、さらに息子である天忍穗耳命(オシホミミ)も高天原の跡継ぎに決まったのですから嬉しいに決まってます。

記紀によれば、はしゃいだ素戔嗚尊は調子に乗って高天原を荒らしまくり、その荒らした罰として高天原を追放されてしまうことになっています。

これが二度目の追放です。

 

しかし、二度目の追放について、素戔嗚尊は高天原を荒らしたわけではないと日月神示には書かれているのです。

こちらをお読みください。

 

次の岩戸しめは素盞鳴命に総ての罪をきせてネの国に追ひやった時であるぞ、素盞鳴命は天下(あめがした)を治しめす御役(おんやく)の神であるぞ。天ヶ下(あめがした)は重きもののつもりて固まりたものであるからツミと見へるのであって、よろづの天の神々が積もる(と言ふ)ツミ(積)をよく理解せずして罪神と誤って了ったので、これが正しく岩戸しめであったぞ、命(みこと)をアラブル神なりと申して伝へてゐるなれど、アラブル神とは粗暴な神ではないぞ、あばれ廻り、こわし廻る神ではないぞ、アラフル(現生る)神であるぞ、天ヶ下、大国土を守り育て給う神であるぞ、取違ひしてゐて申しわけあるまいがな。このことよく理解出来ねば、今度の大峠は越せんぞ。絶対の御力を発揮し給ふ、ナギ、ナミ両神が、天ヶ下を治らす御役目を命じられてお生みなされた尊き御神であるぞ。素盞鳴の命にも二通りあるぞ、一神で生み給へる御神と、夫婦呼吸を合せて生み給へる御神と二通りあるぞ、間違へてはならんことぞ。

 

日月神示によれば、むしろ素戔嗚尊は国を守り育てた、つまり国を豊かにを発展させたのです。

外国からやってきた素戔嗚尊は、まさに外国の文化を取り入れて、日本に色々な「物」を作りだしたのです。

 

「重きもののつもりて固まりたもの」とは、衣服や住居や食べ物であったり、宝石などのぜいたく品でもあります。

それを見た高天原の神々は、これを「罪」であると勘違いしたのです。

「日本は精神性(心の裕福さ)のみが重要で、清貧こそ素晴らしいのであり、モノやお金は悪である!」みたいな感情を高天原の神々は感じたかもしれません。

現代風に言えば、素戔嗚尊のことを、フェラーリーに乗った荒っぽい土建屋社長だと思ったのでしょうか。笑

素戔嗚尊は北へ追放された

記紀には、国を荒らしたと書かれていましたが、実際は全くその逆で、国を発展させ過ぎてしまった。

しかし、あまりにモノにあふれる世界を作ってしまったがために、高天原の神々は素戔嗚尊を悪いやつだと見誤った。

そして、追放してしまったのです。

ところで、素戔嗚尊はどこへ行ってしまったのでしょうか。

日月神示では、素戔嗚尊は「北に押し込められた」と書かれています。

 

元の神には見直し聞きなほしはないのざぞ、スサナルの大神様 鼻の神様 かぎ直しないぞ、かぎのあやまりはないのざぞ。人民でも、かぎの間違ひないのざぞ。鼻のあやまりないのざぞ。スサナルの大神様この世の大神様ぞと申してあらうがな。間違ひの神々様、この世の罪けがれを、この神様にきせて、無理やりに北に押込めなされたのざぞ
それでこの地の上を極悪神がわれの好き候(そうろう)に持ちあらしたのざ。それで人皇の世と曇りけがして、つくりかへ、仏の世となりて、さらにまぜこぜにしてしまふて、わからんことになりて、キリストの世にいたして、さらにさらにわからぬことにいたしてしもふて、悪の仕組通りにいたしてゐるのぢゃぞ、わかりたか。釈迦もキリストも立派な神で御座るなれど、今の仏教やキリスト教は偽の仏教やキリスト教ざぞ。同じ神二つあると申してあらうがな。

 

注目すべきは「北に押し込めた」の部分であり、なぜ「北」なのかということです。

しかも、日月神示では「北」という方角をとても良い方角、元になる方角であるとしています。

 

霊界に方位はない、人民は東西南北と申してゐるなれど、今に東の東が現れてくるぞ。霊界では光のさす方が北ぢゃ、その他の東西南北は皆南ぢゃ、北が元ぢゃ、北(基田)よくなるぞと申してあろうがな。

 

素戔嗚尊は北に押し込められたと書かれていますが、北というのは霊界的な意味での北なのでしょうか。

しかし、歴史として考察する場合は現実世界の北と考えます。

恐らく文字通り日本の東北地方ではないかと思うのです。

 

一つの証拠として、日本には蘇民将来という説話が存在します。

なんと、その蘇民将来に出てくる北海の神である武塔神が、自らを素戔嗚尊であると自称しているのです。

また、武塔神は別名「牛頭天王」とも呼ばれ、これは異国の神でもあることから、まさに最初に新羅に降り立った素戔嗚尊を彷彿とさせます。

その説話を元に始まった蘇民祭というお祭りも、なんと、東北は岩手県を中心に行われているのです。

まさに、日月神示に書かれている通り、素戔嗚尊が北へ追放されたことの名残が説話として存在したともいえるのです。

「悪」を叩いて滅ぼしたことが岩戸閉めである

さて、話を戻しまして、なぜ素戔嗚尊の追放が三度目の岩戸閉めになったか。

つまり、なぜ外国の性根を入れたことになるのかについて考察してみましょう。

 

そもそも日月神示では、三度目の岩戸閉めには、5度の中でも最も重要であると書かれています。

 

岩戸は五回閉められてゐるのざぞ、那岐(なぎ)、那美(なみ)の尊の時、天照大神の時、神武天皇の時、仏来た時と、大切なのは須佐之男神様に罪着せし時、その五度の岩戸閉めであるから此の度の岩戸開きはなかなかに大そうと申すのぞ。

 

これはひとえに、素戔嗚尊が地上を治める神であるからでしょう。

僕らの住む地上世界を直接的に治める神を追放したからこそ最も重要だとしているのです。

 

そして、もう一つの理由は、素戔嗚尊の追放こそが、まさに世界の歴史を象徴しているからでしょう。

それは間違いなく戦争(集団殺戮)の歴史です。

 

戦争は、どのようにして起こるか?

経済的・投機的な理由から世界支配層が起こすという説もあるかと思いますが、それは戦争の根本に第三者が乗じてきているだけともいえます。

やはり、戦争の根本とは、人間同士の憎しみあいです。

これは個人レベルの対立に還元することができます。

つまり戦争とは、ケンカの延長であるともいえます。

 

この解決手段として善悪の基準を設けて、悪と認定されたほうを叩いて潰すのが今の世界のやり方です。

今で言えば、ハマスとイスラエルの関係、ロシアとウクライナの関係もそうですね。

どちらも相手側こそが悪であるとして相手を叩き潰し、憎しみの連鎖は永遠に続きます。

そして、この方法は今に始まったことではなく、世界史を見ればはるか古代から変わらない定型パターンであることがわかります。

 

しかし、日本は違うのです。

縄文時代の遺跡には、武器が全く発掘されていないという話を聞いたことはありませんか?

つまり、縄文時代には戦争というものが無かったのです。

 

もちろん、人口密度や、狩猟採取生活で、戦争の必要性を感じなかったということもあるでしょう。

しかし、例えそうであれ、日本には戦争のなかった時代があったということなのです。

これだけたくさん縄文遺跡があるのに武器がないというのは、つまり人を意図的に殺すという発想がなかったということです。

しかも、1万年近く戦争が無かったのです。

 

このように敵を叩いて潰す、もしくは意図的な大量殺戮(皆殺し)の文化がもともと日本にはなかったのです。

ところが、その文化を初めて導入してしまったのが、素戔嗚尊の追放だったのです。

悪いやつは叩いて潰して追い出してしまうという方法を、こともあろうに高天原が発明してしまったのです。

 

恐らく、この手法こそが皮肉にも素戔嗚尊が持ってきた外国の文化だったのでしょう。

つまり、自分自身が外国から持ってきた手法により素戔嗚尊自身が追放されてしまったのです。

それ以来、この世界では悪は追放する(叩いて潰す)が正攻法となったのです。

戦争のなかった日本に、悪を滅ぼすという外国の性根を入れたことで、岩戸閉めとなったのです。

もしかしたら、スサノオが追放された時期こそが縄文時代の終わり、弥生(古墳)時代のはじまりだったのかもしれませんね。

 

【四度目の岩戸閉め】神武天皇が人皇として立った時

次は四度目の岩戸閉めについて考察していきましょう。

四度目の岩戸閉めは、神武天皇の岩戸閉めです。

日月神示には次のように書かれております。

 

神武天皇の岩戸しめは、御自ら人皇を名乗り給ふより他に道なき迄の御働きをなされたからであるぞ。神の世から人の世への移り変りの事柄を、一応、岩戸にかくして神ヤマトイハレ彦命として、人皇として立たれたのであるから、大きな岩戸しめの一つであるぞ。

 

上記には重要なポイントが二つ含まれています。

「人皇」の部分と、「岩戸に隠した」の部分です。

それを説明する前に、そもそも神武天皇とはどんな人だったかについて説明しようと思います。

神武天皇とは何をした人か?

恐らく、神武天皇が日本の初代の天皇であることを知らない人はいないでしょう。

でも、何をした人物かってのは知らない人も多いのではないかと思いますので簡単に説明しましょう。

 

神武天皇はもともと筑紫(九州)に住んでいました。

高天原が出雲を手中に収め、筑紫に降り立ち、それらの地を代々治めて神武の代に至ります。

 

さて、神武の本名は狭野命(サヌノミコト)といいました。

ある時、葦原中国(日本の本州)を我が領土にしようと思い立ち、兄弟で東へと戦争に向かいます。

これを神武東征と呼んでいます。

 

ところが、神武の兄の五瀬命イツセノミコト)は討ち死にしてしまいます。

大和の国を治めていたナガスネヒコが、とても強かったのです。

しかし、狭野命は苦労してナガスネヒコを討ち破り、大和の国で初代天皇として即位するのです。

つまり、代々九州を治めていた家系の王が、はじめて日本の王(天皇)になったのです。

 

ところで、神武天皇が即位した年は紀元前660年とされています。

しかし、実際には皇室の権威を高めるために、より古い時代に生まれた人であるという設定にしたという説が優勢です。

なので実際には、紀元後の人物でしょう……。

だとすれば、卑弥呼は神武よりも若いことになりますから、以前に書いた卑弥呼=天照大神説は誤りだということになります。

としますと、卑弥呼=倭迹迹日百襲姫命説が濃厚なのですが、それはまた別の機会に話します。

神武以前の歴史が隠ぺいされた

ところで、日月神示にはこのように書かれています。

神の世から人の世への移り変りの事柄を、一応、岩戸にかくして神ヤマトイハレ彦命として、人皇として立たれたのであるから、大きな岩戸しめの一つであるぞ。

神の世から人の世への移り変りの事柄を、岩戸にかくしたと書かれていますよね。

ということは、神武天皇の説話には、なにかしらの歴史的な事実が隠されている可能性があるということを日月神示はほのめかしています。

 

この点において、実は以前に書いたブログで神武天皇の岩戸閉めについて書いています。

まずは、こちらを読んでいただいた方が良いでしょう。